ULTRA AGE BLOG

ウルトラについて熱く語ります。

<< ウルトラマンコスモス 第36話「妖怪の山」 | main | ウルトラマンコスモス 第41話「緑の逃亡者」 >>
スポンサーサイト (2009.12.16)

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ウルトラマンコスモス 第40話「邪悪の巨人」 (2009.03.29)

第40話『邪悪の巨人』
脚本:川上英幸 監督:根本実樹 特技監督:佐川和夫
[カオスウルトラマン、岩石怪獣ネルドラント、カオスネルドラント 登場]


カオスウルトラマンが登場する前後編ということで期待していたんですが、
いまひとつ盛り上がりに欠けたような気がします。
前編の時にも言いましたが、全体的に緊張感が無いような…。
結局EYESのメンバーにばっかり説明ゼリフが回ってきて、
肝心のドラマ部分はあまり中身が無いように思えてしまいました。
テックスピナーで助太刀に来るヒウラキャップはカッコ良かったんですけどね。

カオスウルトラマンも結構な強敵だそうですが、
復活したコスモスにすぐやられちゃうし。
一体何がどうして事件が解決したのかよく分からなかったです。

テックスピナーのアイデアが将棋の駒から来たというのはなかなか面白いと思いました。
第35話『魔法の石』でのやり取りが前フリになっている辺りはよく出来ていますよね。
ただ後部パーツをひっくり返すことが、
戦闘中にどう生かされるのかがよく分からなかったんですが…。
これってSRCの経費削減になるだけなんじゃないでしょうか。

特撮ではコスモスの着地シーンであの土砂が舞い上がる演出が復活!
やっぱりこれは迫力ありますね。コスモスがいつもよりカッコ良く見えました。
カオスウルトラマンのデザインと造形も素晴らしかったと思います。
赤いコロナモードに対して青と黒を組み合わせた不気味なラインが良いですね。
ただミニチュアワークについては相変わらず寂しい限り。
戦う場所がほとんど何も無い山の中ですからね。
ウルトラマンと怪獣の巨大感がほとんど感じられません。
エクリプスとカオスウルトラマンの戦闘シーンでも、
画像だけいじって取り合えず作りましたみたいなショボい合成が…。あれは駄目です。

最後にはちょっとだけ面白いシーンがありました。
帰ってきたムサシにフブキ隊員が『ムサシ、お前、まさか…。』というシーン。
これってフブキ隊員がコスモスの正体に気付いたってことですよね。
ちょっと気付くのが遅いくらいだと思いましたけど(笑)。

| ウルトラマンコスモス | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト (2009.12.16)
| - | 09:09 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://justice-blog.jugem.jp/trackback/79
トラックバック