ULTRA AGE BLOG

ウルトラについて熱く語ります。

<< ウルトラマンコスモス 第40話「邪悪の巨人」 | main | 『次もまた、空を飛ぶために…』 ダイナを想う力 >>
スポンサーサイト (2009.12.16)

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ウルトラマンコスモス 第41話「緑の逃亡者」 (2009.03.30)

第41話『緑の逃亡者』
脚本:荒木憲一 監督:石井てるよし 特技監督:佐川和夫
[破滅可変マシンサイドバクター 登場]


テックスピナーの登場でOPの映像が変わってましたね。
これまでのOPではEYESのメンバーが凄く良い表情を見せてくれていたので、
この変更はちょっと残念かなという気がします。

今回は第23話『ルナ対ルナ』で登場したカスミとフブキ隊員のお話。
この2人の関係を描きつつ、SFっぽいストーリーを絡めた良作だったんじゃないでしょうか。
個人的にはフブキ&ヒウラキャップのファンなので、
彼らが主人公の作品は評価が甘くなります(笑)。

フブキ隊員とカスミのやり取りは相変わらず面白いんですが、
今回はカスミを守るフブキ隊員の、男としてのカッコ良さが強調されていたように思います。
特に、生死の境をさまようカスミを見守るフブキ隊員のセリフが良かったですね。
『カラオケなら俺が連れてってやる…。恋人が欲しけりゃ、俺がなってやる。』
フブキ隊員もまさかカスミに聞かれているとは思ってなかったのかもしれません(笑)。
それにしてもまさかカラオケの話がEDでああいう風にオチるとは…。
一本取られたって感じでした。

他にはフブキ隊員がアンドロイドに立ち向かうシーンが良かったですね。
ドラム缶や鉄パイプが並んでいるところに、
あれだけ豪快に吹っ飛ばされて役者さんは大丈夫なのかと思ってしまいますが、
フブキ役の市瀬秀和さん、素晴らしい熱演でした。

特撮ではやはりサイドバクターの造形が素晴らしい出来。
デザインもカッコ良いし、コスモス怪獣のクオリティは本当にハイレベルです。
ただコスモスとのアクションシーンに関しては、
サイドバクターにもう少しロボットっぽい動きをさせて欲しかったですね。
いかにも中に人が入ってますーっていう動きは駄目だと思うんです。
ヘルズキングの時はちゃんとロボットらしい動きをしていたんですが…。

| ウルトラマンコスモス | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト (2009.12.16)
| - | 08:11 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://justice-blog.jugem.jp/trackback/80
トラックバック