ULTRA AGE BLOG

ウルトラについて熱く語ります。

<< ウルトラマンコスモス 第41話「緑の逃亡者」 | main | ウルトラQ、総天然色! >>
スポンサーサイト (2009.12.16)

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
『次もまた、空を飛ぶために…』 ダイナを想う力 (2009.03.31)

ダイナのファンページの更新は取り合えず一段落したんですが、
個人的にはまだまだダイナを語りたいという気持ちが抑えきれません!
ということで、今回は僕のダイナに関するランキングを色々とつけてみようと思います。
名付けて『ダイナを想う力』(笑)。ジャンル毎に4回に分けて更新していく予定です。

◆ 『ダイナ』心に残ったエピソード

第1位 『ぼくたちの地球が見たい』
1位から3位までは僕の中では全部ベストなんですが、
カッコいいスーパーGUTSが見られるこの作品を1位にしました。
何度見返しても同じようにハラハラドキドキし、そして最後は泣かされてしまうんですよね。
ウルトラマンを知らない人にも是非オススメしたい作品。
クリムゾンドラゴン小隊や科特隊のスーパーガンが出てきたりする辺り、川崎監督のさり気ない拘りもGOODです。


第2位 『運命の光の中で』
アスカの『前に進むためだぁぁー!』で、
ダイナという作品に自分の気持ちがシンクロしていくのがはっきりと分かりました。
『自分もアスカのように、前向きに生きていきたい』と思わせくてれましたし、
ティガとの比較ではなく、『ダイナはこうなんだ!』って物語を通じてちゃんと見せてくれたことが嬉しかったですね。


第3位 『少年宇宙人』
悟、たっちゃん、みのっち。この3人はこの回だけにしか出てこないキャラクターですが強烈な印象に残っています。
大人が考える『理想の子供たち』という感じも少ししますが、ちゃんとそれぞれに子供なりのドラマがあって、
3人の演技がまた自然なので説得力が抜群なんです。たっちゃんとみのっちの悟に対する気遣いとか優しさとか、
本当にさり気なくなんですけど、泣かせますね。


第4位 『最終章 明日へ…』
正直、今もアスカに帰ってきて欲しい気持ちは変わりませんが、それだけに何度も何度も見返してしまう最終回。
人それぞれに色々な解釈が出来る終わり方でもあると思うので、
『心に残る最終回』という意味ではティガよりも上を行っているのかもしれませんね。
『不完全でいいじゃないか。矛盾だらけでも構わねぇ!
人の数だけ夢がある。俺はそんな世界の方が好きだ。』など、ヒビキ隊長の熱いセリフの数々も忘れられません。


第5位 『遥かなるバオーン』
眠たくなった時に必ず思い出してしまうのがバオーンのあの鳴き声(笑)。
ウルトラのフォーマットとしては番外編的な作品かもしれませんが、
序盤にこれがあったおかげでダイナという作品の幅が大きく広がったんじゃないかと思います。
スーパーGUTSの隊員たちもこの辺りから良い表情を見せてくれるようになり、
気付いた時には大好きなチームになっていました。


次は、『ダイナ・燃えに燃えたエピソードベスト5』を紹介したいと思います。

| ウルトラマンダイナ | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト (2009.12.16)
| - | 08:11 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://justice-blog.jugem.jp/trackback/81
トラックバック